水溶性ケイ素の酸化還元力(動画でご紹介)

製品について

まず人間の体内における酸化とは、呼吸によって取り入れた酸素が栄養素と結びつきエネルギーとなりますが、その一部は「活性酸素」となる状態のことを身体の酸化と言います。

もちろん酸化が起こるのは人間だけではありません。

食べ残しの漬物が酸っぱく色が変色するのも酸化です。酸化した食べ物や飲み物は経験でお分かりだと思いますが、味が劣化して美味しくありません。

そしてさらに酸化が進めば「腐る」という状態になります。

人間も酸化すれば劣化し、体の機能は低下して行きます。

この状態を防いだり、元の元気な状態に戻すのがケイ素です。

以下の実験動画をご覧ください。

すりおろしたリンゴは10分もすれば酸化して、真っ赤になります。

ここへ水溶性ケイ素(粉末状)を1粒入れてしばらくかき混ぜますと、なんとリンゴは元の色へと戻ります。

一旦酸化した物質を元ある状態に戻すのはなかなか難しいことなのですが、水溶性ケイ素はそれが可能なのです。

人間で考えれば「老化を防ぐ」「若返る」ということです。


関連記事一覧